来訪者465072
平成26年4月7日以降の来訪者

来訪者数(概算)

平成29年度
 4月 10,400
 5月 11,200
 6月 11,900
 7月 11,300
 8月 10,800
 9月 12,200
10月 11,000
11月  9,600 
(トータル 460,600)

平成28年度
 4月 13,900
 5月 11,100
 6月  9,500
7月、8月 25,500
(月平均 12,750)
 9月 11,800
10月 12,800
11月 11,000
12月 12,000
 1月  9,550
 2月 10,650
 3月 15,900

H27年度
4月~6月 24,900
(月平均 8,300)
 7月 10,000
 8月  8,300
 9月  9,700
10月 13,350
11月 17,450
12月 15,500
   1月  11,580
 2月 13,020
 3月 11,900

H26年度
4月 3,500
5月 6,500
6月 6,800
7月~9月 25,600
(月平均8,500)
10月 8,100 
11月 9,000
12月、1月 15,500
(月平均7,750)
2月 6,300
3月 11,500
 
「医進類型指定校」~地域を支える人作りプロジェクト事業~
  本校はこれまでに、文部科学省「学力向上フロンティアハイスクール」の研究指定校および
北海道のエコーハイスクールプロジェクト事業の「北海道サイエンスハイスクール」実践校、
のちに文部科学省の「サイエンス・パートナーシップ・プログラム事業」支援対象校となり、
学力向上のみならず理数教育の充実を目指し、多角的な視点で様々な研究開発に取り組ん
でいます。
 道教委は、地域医療に貢献できる人材育成のため、平成20年度から本校を含む9校を
医進類型指定校として支援しています。このプロジェクトには、医師不足が顕在化している
地域の高校からの医学科進学者を増やそうという狙いがあり、医学科受験に向けたカリキ
ュラムを編成しているほか、北海道大学医学部、旭川医科大学、札幌医科大学と連携し、
以下のような取り組みも行っています。
  ○高校生メディカル講座(連携大学の教員による講義、講演)
   ○メディカル・キャンプ・セミナー(医学科進学に向けた学習や地域医療に関する講演の聴講)
  ○地域医療体験事業(病院を訪問・見学、医師との懇談、医療体験など)
   ○高校生医療体験活動報告会・討論会(指定校9校が札幌に集結し研究成果を報告)

ドクターヘリ見学(孝仁会病院)
 
医進類型より >> 記事詳細

2016/09/24

【医進類型】高校生メディカル講座「地域医療の現状と課題」

Tweet ThisSend to Facebook | by 全日A

924() 本校医進類型事業として高校生メディカル講座を行いました。


講師 旭川医科大学入学センター 坂本尚志 教授


医学部医学科や医療系学校への進学を目指す釧路管内の高校生を対象に、医療に対する姿勢や態度について、講演・講義・討論などを行うことにより、生徒の医療職への理解を深めるとともに、進路実現への意欲の高揚を図ることを目的として平成20年より継続して行っているものです。1,2学年を対象に31名が参加しました。


今回は、旭川医科大学入学センター坂本尚志教授をお招きして、「地域医療の現状と課題」というテーマで講義をしていただき、その後にワークショップを行いました。生徒は、現在の北海道、特に道東,道北の医療の課題や今後起こり得る問題を知るとともに、どのように対応すべきかをグループに分かれて討議しました。普段の学校生活では話す機会のない生徒同士が互いに意見を交わし、自分自身の考えを伝えることで、視野を広げることができました。そして、今まで以上に医療職に携わりたいという意識が強くなったようです。


〇講義

  
 

〇ワークショップ
 
 
 
 


17:00