転入学について

1 転入学は現在、高校に在学している方が対象になります。
  ※転校の手続きは、全て高校間で行われますので、在学する高校によく相談して
   問い合わせてください。


2 転入学は、次に挙げる要件を満たし本校が認めた場合、前期末まで転入学試験を受験できます。第4学年後期は転入学はできません。
  
当該学年に欠員がある場合。
  
② 在学する高校において、授業料の滞納等がない場合
  
③ 転入をする理由として、一家転住などやむを得ない理由がある場合
  ④在籍校において教科・科目の履修認定の見通しがある場合。

3 転入学試験は、作文と面接が行われます。
 ※詳しくは、在籍する高校へ通知します。


4 転入学試験を判定して、合格した場合、本校への転入学が認められます。
 

編入学について

1 編入学は、高校を退学した方が対象になります。
  ※編入学試験は、4月初旬に1回のみ実施します。
  ※募集要項は1月中旬以降に本校事務室で配布します。


2 編入学は、次に挙げる要件を満たし、本校が認めた場合、編入学試験を受検できます。
  ① 本校の学年(2・3・4年のみ)定員に空きがある場合
  ② 退学した高校において、教科・科目が18単位以上修得している場合
  注1)必履修科目の修得が、不足している場合や本校教育課程上問題がある場合は、編入
     できない場合があります。

  注2)退学した高校の「単位修得証明書」が必要となります。


3 編入学試験は、作文と面接が行われます。
  ※詳しくは、募集要項に記載してあります。

4 編入学試験を判定して、合格した場合、本校への編入学が認められます。


 

一部科目履修

1 目 的  本校では、生涯学習の一環として、一部科目履修生を受け入れています。
 
       ※受け入れは4月初旬の1回のみとなりますので注意してください。

2 内 容  本校で行われている2~4年生の授業をそのまま受けていただくことになります。

        詳しくは、 
H28一部科目履修開講科目案内.pdfをご覧下さい。
3 手続き  ①履修を希望される方は
           
一部科目履修願に必要事項を記入し、申し込んで下さい。
        
②履修が許可された場合、
           
誓約書および受講料
を提出して、履修が可能になります。
        詳しくは、
H28一部科目履修生募集要項.pdfをご覧ください。


4 その他  道民カレッジとの連携講座における学修として位置づけられています。

        
学修の成果が、道民カレッジの単位として認定されます。