来訪者646499
平成26年4月7日以降の来訪者

来訪者数(概算)

平成30年度
 4月 16,200
 5月 15,600
 6,7月 26,400
(月平均 13,200)
 8月 13,200
 9月 17,400
10月 15,900
11月 16,000
12月 18,900
(トータル 635,900)

平成29年度
 4月 10,400
 5月 11,200
 6月 11,900
 7月 11,300
 8月 10,800
 9月 12,200
10月 11,000
11月   9,600
12月 12,200
 1月 10,800
 2月 13,400
 3月 14,700

平成28年度
 4月 13,900
 5月 11,100
 6月  9,500
7月、8月 25,500
(月平均 12,750)
 9月 11,800
10月 12,800
11月 11,000
12月 12,000
 1月  9,550
 2月 10,650
 3月 15,900

H27年度
4月~6月 24,900
(月平均 8,300)
 7月 10,000
 8月  8,300
 9月  9,700
10月 13,350
11月 17,450
12月 15,500
   1月  11,580
 2月 13,020
 3月 11,900

H26年度
4月 3,500
5月 6,500
6月 6,800
7月~9月 25,600
(月平均8,500)
10月 8,100 
11月 9,000
12月、1月 15,500
(月平均7,750)
2月 6,300
3月 11,500
 
部局活動報告
12345
2019/01/15

【山岳部】読図訓練報告

| by Web担O
12月16日(日) 別保駅~床丹

 新年、明けましておめでとうございます。今年も山岳部は安全に配慮しつつ、山や自然を愛していこうと思います。
 さて、新年の最初は読図を訓練しました。今、自分は何処にいるのか、これからの道はどうなっているのか、コンパスを使おうなどなど考えて歩くことができました。生徒は思い思いに歩き、中には自らに負荷をかけて歩くなど工夫をしていた生徒もいました。
 今年も生徒と一緒に楽しめそうです。




14:41
2019/01/08

【陸上競技部】2019年 年始め神社参拝(祈願)

| by SSH担当
日 時
  2019年1月6日(日) 
場 所
  釧路一之宮 厳島神社
内 容
 年の初めの恒例行事、厳島神社への参拝(祈願)に行って参りました。
 決意を確固たるものとし、今年最初の活動から気持ちを引き締めることが出来ました。  
 今年は釧路湖陵高等学校陸上競技部のさらなる飛躍を遂げる年としたいと思います絵文字:重要絵文字:キラキラ
 応援よろしくお願い致します!!絵文字:よろしくお願いします

【厳島神社にて】

※先輩方も来てくれました絵文字:笑顔

12:39
2018/12/17

【山岳部】ボルダリング練習 報告

| by Web担O
12月16日(日) 標茶ウォール

 今回は標茶町でボルダリングができる標茶ウォールに行ってきました。初めて行きましたが、さまざまなルートがあり、生徒は思い思いのルートを楽しんでいました。




 帰りは塘路湖にあるエコミュージアムセンターと博物館に行きました。どちらも学芸員にガイドしていただき、釧路湿原や標茶の歴史などさまざまなことを学びました。
09:44
2018/12/14

【陸上競技部・女子バレー部 合同】メンタルトレーニング講習会

| by SSH担当
日 時
  2018年12月8日(土)~9日(日)
参加生徒
  陸上競技部 : 女子 5名 男子 13名
  女子バレー部: 女子 11名       計29名

講 師
  東海大学体育学部 教授  高妻 容一 氏
内 容
 目的としては、本番でのベストパフォーマンスの発揮、普段の練習の質の向上など、心技体の中でも重要視されている、心の部分を強くすることです。
 ※メンタルトレーニングとは、意志・意欲・決断力などの精神力(心)を強化するトレーニング絵文字:重要
 講習会では、最初に自分自身の精神力を数値化し、自己分析をしました。昨年度の参加生徒は前回の自分と現在の自分を比較してどの程度成長できているかを確認します。自己分析をもとに理想に近づけるため、何が必要なのかを具体的に考え、実践的に学びます。
 初日の講習後は宿泊先にて合同のミーティングを行い、講習会の反省などをしました。他の部活とじっくりと話し合う機会があまりないので、競技特性を活かした有意義なミーティングとなったように思います。朝練習も合同で行い、寒空の中活発に活動し2日目の講習会に向かいました。
 各部活とも、今回の2日間の講習会を通して、たくさんのよい刺激を得たと思います。これからの活動にて、さらなる飛躍を遂げることを期待します絵文字:キラキラ

【講習中の様子】 



 【合同ミーティングの様子】

13:37
2018/12/04

【山岳部】練習登山報告

| by Web担O
12月2日(日) 武佐岳
 夏山登山のラストとして、武佐岳に行ってきました。道東の良いところは春の訪れが早く、雪が降るのも遅いところ。他の地域よりも長く山に行けるところです。


 空気が澄んでいて遠くの山々もくっきり。帰りは3合目にある小屋で煮込みウドンを食べました。


 冬シーズンは読図の勉強やスノーシュー・ワカンを使用したハイキングになります。夏とは違った楽しみを追求していきます。

14:53
2018/11/28

【山岳部】トレイルウォーク報告

| by Web担O
11月23日(金・祝) 阿寒川クラシックトレイル(阿寒川橋~鶴の恵橋往復)

 定期考査も終わり、早速歩いてきました。今回は松浦武史郎が歩いたのでは?とされているルートをアレンジして林道や廃道を歩きました。



 気温も低く、雪も5cmほどありましたが、雪をぶつけ合ったり、読図もしつつ楽しみながら活動することができました。

08:53
2018/11/13

【山岳部】練習登山報告

| by Web担O
11月10日(土)、11日(日) 北稜岳

 夏山の納会です。今回は山小屋に泊まって鍋を囲みながら今シーズンを振り返りました。


 辛かった山Best1はニペソツ山、楽しかったのはやはり晴天だった前回の雄阿寒・斜里。来シーズンの目標は女子は全国大会、男子は植生や天気図などしっかりと極めたいと話していました。

 日曜の朝は小屋で数学のお勉強会。2時間きっちりと勉強してから帰路につきました。


 夏山もあと1回、武佐岳を残すのみとなりました。

10:25
2018/11/12

【外国語部】「JENESYS2018平成30年度日本青少年訪韓団3団」(6,7日目)

| by Web担O
9日(金)
 この日はホテルを出発後パジュへ移動し、「DMZ(非武装地帯)」を視察しました。まず10日ほど前に完成したばかりの都羅展望台から、北朝鮮の風景と非武装地帯、北側の開成工業団地、板門店、開成市などを眺めました。その後、臨津閣を渡り、第3トンネルの中に入りました。最後に都羅山駅を訪問しました。
 昼食後はソウル市内の漢城大学校へ移動し、グループ別意見交換および夕食兼感想報告会に出席しました。まずグループ別意見交換では、13グループがそれぞれの部屋に分かれ、初日から取り組んできたミッション(韓国で出会った印象的な人、日韓の比較、韓国を1語で表すと何か、日韓関係で取り組むべきことなど)についてディスカッションをし、「ソウルで出会った韓国・韓国人」というテーマのパワーポイントによるプレゼンテーション資料を作成、韓国語と日本による発表練習を行いました。その後、夕食兼感想報告会が行われ、最初にこのプログラムに参加した生徒全員に1人ずつ韓服姿の写真付き終了証明書が漢城大学校国際交流部長より手渡されました。次に、13グループによる発表が行われました。最後に、日本から参加した生徒が感謝の意を込め、河南(ハナム)高校で披露したよさこいダンスを披露しました。


10日(土)
 仁川国際空港に到着後、この日も朝から同行してくれていた漢城大学校の教授と学生たち、通訳ガイドの皆さんへの送別式を行いました。その後、大韓航空にて新千歳空港に移動し、空港で解団式を行い解散となりました。式では、外国語部長2年須藤千歌さんが生徒代表として引率してくださった方々へのお礼と解団にあたっての挨拶をしました。
 このプログラムでは、訪韓中および帰国後に、SNS等インターネットを用いた日本についての情報発信(交流の経験、日本について何を伝えたか、日韓の比較、継続的な日本の魅力の発信等)を行うことになっています。本校生徒も、各学校や近隣校(小学校~高校)・近隣地域等公共の場のプレゼンテーション等の報告会のための「アクション・プラン」を計画し実施する予定です。
12:47
2018/11/09

【外国語部】「JENESYS2018平成日本30年度青少年訪韓団3団」に参加

| by Web担O
7日(水)
 生徒たちはホストファミリー宅からハナム河南(ハナム)高校へ登校し、パートナーの1時間目の通常授業を一緒に受けました。その後の送別会では、両校の生徒代表が挨拶をし、記念写真の撮影をしてお別れとなりました。パートナー同士がいつまでも別れを惜しんでいる様子が印象的でした。
 午後はまず、在韓日本大使館広報文化院へ表敬訪問し、韓国と日本のつながりなどついて説明を受けました。次に、初日から同行してくださっている漢城大学校の学生さん13名とグループ別フィールドワークを行いました。
 このプログラムでは、道内6校から参加している生徒がそれぞれ別の学校の生徒と4~5名で構成された13グループに分けられ、1グループにつき1名バディと呼ばれる漢城大学校の学生さんが常に同行しています。 このフィールドワークでは、バディの助けを借りながら仁寺洞~ソウル駅~明洞へと移動しながら、韓国の大衆交通・地下鉄体験などをしました。最後は、それぞれ食事をした後に再度再集合し、「NANTA」公演を鑑賞しました。

8日(木)
 この日は、漢城大学校の学生たちと一緒に視察を行いました。まず午前中は、サムスン電子本社ビルに併設された「SAMSUNG d'light(サムスンディライト)」を視察しました。昼食に参鶏湯(サムゲタン)を食べた後、韓国の伝統衣装である韓服に着替え、京福宮と国立民族博物館を視察しました。
 夕食は、カルビを堪能し楽しい一日となりました。
09:00
2018/11/07

【外国語部】「平成日本30年度青少年訪韓団3団」(3日目)

| by Web担O
6日(火)
 日本青少年訪韓団第3団69名(全道各校より生徒64名、引率5名:本校生12名参加)はハナム高校を訪問しました。韓国初日から毎日一緒に行動してくれている漢城大学の学生の方たちも一緒に訪問しました。
 まず歓迎式が行われ、韓国側生徒代表からの挨拶や発表(管弦楽とミュージカル)や韓国伝統仮面劇「ポンサンタルチュム」の発表を鑑賞しました。
 日本側生徒側の発表では、参加校6校が各々の学校や地域紹介を行い、最後によさこいダンスを披露しました。本校生徒は、学校紹介のあと釧路についてパワーポイントとポスターによる発表を英語と韓国語で行いました。


 歓迎式後、ホームステイ先のパートナーと一緒に、給食を食べたり文化授業「韓国仮面劇体験」と歴史授業「日韓青少年の相互理解のための討論」を受けたりしました。
 歓迎式では両国の生徒代表が挨拶を行い、日本側からは本校2学年海野七星さんが韓国語と日本語で挨拶をしました。


この後生徒たちはそれぞれのホームステイ先へ出発しました。
08:29
12345