来訪者606618
平成26年4月7日以降の来訪者

来訪者数(概算)

平成30年度
 4月 16,200
 5月 15,600
 6,7月 26,400
(月平均 13,200)
 8月 13,200
 9月 17,400
10月 15,900
(トータル 601,000)

平成29年度
 4月 10,400
 5月 11,200
 6月 11,900
 7月 11,300
 8月 10,800
 9月 12,200
10月 11,000
11月   9,600
12月 12,200
 1月 10,800
 2月 13,400
 3月 14,700

平成28年度
 4月 13,900
 5月 11,100
 6月  9,500
7月、8月 25,500
(月平均 12,750)
 9月 11,800
10月 12,800
11月 11,000
12月 12,000
 1月  9,550
 2月 10,650
 3月 15,900

H27年度
4月~6月 24,900
(月平均 8,300)
 7月 10,000
 8月  8,300
 9月  9,700
10月 13,350
11月 17,450
12月 15,500
   1月  11,580
 2月 13,020
 3月 11,900

H26年度
4月 3,500
5月 6,500
6月 6,800
7月~9月 25,600
(月平均8,500)
10月 8,100 
11月 9,000
12月、1月 15,500
(月平均7,750)
2月 6,300
3月 11,500
 
最近の湖陵 >> 記事詳細

2017/10/23

【湖陵の一コマ】校舎敷地内のキノコ

| by Web担O
 10月14日の朝、見学旅行団(1班)の見送りをする中、駐車場の周囲の芝で、このキノコを発見しました。
 早速、キノコ名を「北海道のキノコ(北海道新聞社)」で調べた結果、「ツチスギダケ(土杉茸)」とわかりました。
 様々な種類のキノコが採れる「味覚の秋」ですが、このキノコは食べない方が良いようです。
《副校長 三浦治彦》

※ツチスギダケ(土杉茸)
モエギタケ科スギタケ属Pholiota terrestris
かさは径2~8㎝、まんじゅう形からほぼ平らに開く。
表面はわら色~黄土褐色、ささくれ状の鱗片があり、粘性はない。
ひだは直生~やや湾生、帯黄色のち銹褐色、密である。
柄は高さ3~8×太さ0.3~1.3㎝、かさと同色の繊維状鱗片がある。
上部のつばは繊維状で薄い。
一般的には「食不適」「有毒」とされている。

11:20